海外ウエディングの中で一番人気のハワイウエディング ハワイ挙式専門プロデュース会社ならではの素敵な結婚式を
HAWAIAN BRIDAL SERVICES

お客様の声
 

BACK
お名前:M&E様
挙式日時:2014年10月20日
教会名:プリマリエ教会
メールアドレス:etsumeronmaru@yahoo.co.jp
ブログアドレス:
 
体験談

大好きなハワイで結婚式をしたいと以前から憧れていましたが、実際にできるとは思っていませんでした。周りはどんどん結婚をしていくのに、自分はお祝いするばかりでした。30歳を過ぎた頃からは、未婚・既婚の日常の差は大きくなるばかりでしたが、毎年の恒例旅行の為に頑張って仕事をしてきました。ハワイも何度も訪れました。いつしか母親は一度でいいからハワイに行ってみたいと言うようになりました。その頃から結婚式をするのであればハワイと強く思うようになりました。
長年付き合った彼との結婚が決まり、周囲にハワイでしようと思っていると伝えたところ、一部から反対や二人で行って来たらどうかと言われてしまい、とても悩んだ時期もありました。
どんなにハワイの良さやハワイでの結婚式への憧れを伝えても上手く伝わらず、最終的には私のわがままを通した結果、少人数での参加になりました。
それからはどこのプランナーさんにお願いするかを海外挙式組や本、インターネットを調べに調べてハワイアンブライダルさんに決定しました。
日取りと教会も悩みました。日取りは旅行代金を参考に秋に決まりましたが、結婚式シーズンということで希望の日は埋まっていました。早くから動いていると思っていたのですでに埋まっているとのことで一気に焦りが出てきました。最初の希望日に挙式はできませんでしたが、今思えばそれでもよかったのだと思います。挙式日は思い入れのある特別な日でなくても、挙式をした日が最高の1日になり、新たな記念日になるからです。

教会は最初のハワイ旅行時に訪れたカワイアハオ教会を考えていましたが、プリマリエ教会の内部の写真を見て一目ぼれしましたが、赤いバージンロードも憧れだった為に悩みました。最終的には一目ぼれをしたプリマリエ教会にお願いすることにしました。
日時、場所が決まってからはさらに情報集めに徹しました。
教会が決まれば衣装選びを開始しました。ドレスを決定するのは本当に時間がかかりました、仕事が休みのたびに何店もドレスショップを回りハワイの気候、プリマリエ教会のことを頭にいれて選びました。お気に入りのドレスが見つかった時、そのドレスを試着した時の達成感はすごかったです。結婚式をする為に決めないといけないことや、準備しなければいけないことが多いのに、パートナーは他人事のよう。本当にイライラし、よく喧嘩もしました。既婚者に愚痴を言えば「男の人は本当に何もしない」と決まってかえってきました。
それからは、イライラや喧嘩をして悲しいときはドレス姿や、教会の写真を眺め気分をハワイモードにしてテンションを上げて乗り切りました。
ブーケの決定も本当に時間がかかりました。ハワイアンブライダルさんには本当にお手数、お時間をとらせてしまいました。生の白いカラーのクラッチブーケが第一希望でしたが、プリマリエ教会は中が真っ白の為、まったく目立たないのとヘッドピースがカラーでは角みたいになるとのアドバイスを受け、変更になりましたが、なかなか思うブーケに辿り着けませんでした。日本では当たり前に手に入るお花もハワイではなかなか手配が難しいことも初めて知りました。ブーケは生の白いカラーがどうしても譲れず、決めてしまいましたが、やはり生の白いお花はハワイの気候にはむいていなかったのかすぐに傷みだしてしまい少し褐色になっていました。ブーケ選びのお花の色や生花か、プリザーブドかはよく考えた方がいいと思います。悩みに悩んだブーケを捨てることは絶対にしたくなかったので、オプションのドライフラワーをお願いしました。「白系のお花はアイボリー系に・・・、また乾燥後、着色しますので、生花とは多少違った質感になります。」と記載されていましたが、日本で楽しみにしていた私に届いたものは萎れているのかヨレっとしたブーケが入っているものでした。この時は楽しみにしていた分、ショックは大きかったです。挙式後のことも考えてのブーケ選びは重要です。
ブーケは残念でしたが、やはりハワイでの挙式は特別で最高の思い出になりました。
ハワイ到着後はバタバタしながらのドレスの最終チェック、挙式の打ち合わせになりました。
メールでのやり取りしかしていない方なのに会った時は、今までのことが思い出され感動しました。打ち合わせもほのぼのとした雰囲気でした。
リハーサルヘアメイクも担当者さんの急きょ変更に伴い、今回一番の心配事でしたが、とても明るい方でリラックスしながらのヘアメイクでした。挙式が一層待ち遠しくなりました。
挙式当日は本当にバタバタとし、あっという間に過ぎ去った感じです。
ヘアメイクをしてもらい、部屋内で写真を撮ってもらうのに緊張しっぱなしでした。教会までの移動のリムジンの中での撮影もあり、プリマリエ教会にすぐ着きました。
教会での牧師様やコーディネーターさん、シンガーさんに温かく迎えられほっとしたところでリハーサル開始です。
リハーサルはテンションがハイの為、緊張よりもちゃんとできるかどうかを考え必死でした。不謹慎かもしれませんが笑うこともできていました。
リハーサルも終わり、いざ本番がはじまりました。教会の入り口に二人で立ち、音楽が流れた瞬間、今までのことを思い出し号泣してしまい、牧師様の前に辿り着いた時には涙と鼻水でぐちゃぐちゃでした。ベールを上げるまでに鼻水をなんとかしないといけないと思い、そのことばかりに気を取られていました。牧師様にならって復唱する時も自分の涙声に泣けてきてか細い声でしかできませんでした。今思い出しても泣けてきます。もっと楽しみたかったです。
挙式も終わり、教会内での撮影開始です。撮っていただいている時は恥ずかしかったですが、出来上がりの写真はどれも本当に素敵で、さすがTOMOさんだなと思いました。
教会での撮影も終わり、アラモアナビーチパークに移動しビーチでの撮影開始です。和気あいあいとした中でのヘアチェンジ。髪型もバッチリでした。
撮影はリクエストしていた家族での撮影が最初でした。この日のために作ってきた小物たちの登場です。終始和やかに進みました。みんなで横断歩道を渡りながらの撮影はおもしろかったです。
次は二人だけの撮影でした。イニシャルボードを飾ってもらったり、砂浜を自由に歩いたり、色々なショットを撮っていただきました。教会での撮影同様、ビーチでの撮影もあっという間でした。
ビーチ撮影終了後はレセプション会場までリムジンで送っていただき、どうしても撮りたかったTOMOさん、コーディネーターさんが一緒の写真をホテル前で撮ってもらい終了となりました。
本当にあっという間の結婚式でした。ホテルに戻ってからもウェディングドレスを脱ぐのが嫌で、プチ撮影会でした。
残りのハワイ滞在も満喫して帰るのが嫌だと思いながらも帰国しました。
帰国後、撮っていただいた写真を眺めながらハワイを思い出していました。
いただいた写真のデータは多く、アルバム用写真選びは時間がかかりました。光の入り方や表情が微妙に違うため悩みに悩みました。
悩みに悩んだアルバムも出来上がり、先日無事に届きました。ページを開くのがわくわくしました。
レイアウトもバッチリでした。
本当に素敵なアルバムに家族も大満足です。

 

ハワイに行くのを楽しみにしていた義母は大満足。行ってみたいと言っておきながらあんなに行くのを渋っていた私の母は「挙式すごくよかった。ハワイにまた行きたい。」と言ってくれ大好きなハワイで結婚式をして本当によかったと思います。ハワイアンブライダルサービスのみなさん、本当にありがとうございました。長い間お世話になりました。
1年以上のメールでのやりとりと言うこともそうですが、人生の中でも大きく占める結婚式に関わっていただいたということもあり、これでお別れというのも寂しく思います。
また、ハワイでお会いできる日を楽しみにしております。

皆様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

                                               

挙式後、ビーチに移動するリムジンの車内で耳が痛いと言ってはずしたイヤリングをビーチ撮影の時につけるのを忘れていました。ビーチ撮影の時に耳に何もついていなかったのが残念でした。

 

 


 


 

 



BACK

COPYRIGHT BY HAWAIIAN BRIDAL SERVICE